働いてなくてもお金借りれる金融機関

働いてなくてもお金借りれる金融機関はあるの?

カードローンやキャッシングは原則として収入があり、支払い能力がある人向けのサービスです。そのため働いていない人は借り入れをすることが難しいでしょう。特に消費者金融の場合は総量規制という法律があり、貸出限度額が年収の3分の1までと制限されています。仕事を辞めてすぐの場合でその年に収入があれば借入をすることも可能ですが、長期間お給料が入っていないような状態では契約が難しいでしょう。
しかし世の中には専業主婦のような人たちからもローンの希望はたくさんあります。そこで働いてなくてもお金借りれる金融機関として浮上するのが、銀行です。銀行には法律的な制限がありませんので、貸出をするかどうかは金融機関の判断となります。レイクのようにもともと消費者金融だった銀行のカードローンは、審査も他行と比較すると緩いため、お金を借りることができる可能性が高くなります。また主婦の場合は旦那さんの年収も合算して申し込みをすることができる場合がありますので、本人が働いていなくても契約できるケースもあります。もし近々会社を退職するような人の場合は、会社に勤めている間に契約だけは済ませておいたほうが良いでしょう。契約が済んでいれば、仮にそのとき働いていなくてもカードローンを利用し続けることはできるのです。契約は信用力が一番高い時に行うようにすると、金利も低く設定されることがあるため、有利な条件でお金を借りることができるでしょう。