カードローン申請時の嘘

カードローン申請時の嘘はどうやってバレるのか

もしも日頃の暮らしの中でお金に困った時には、銀行や消費者金融のカードローンを使えば、忙しい最中でも手軽かつスピーディーに融資金を手にすることが可能です。一枚の個人専用カードを発行し、それを携帯して近場のATMに駆けつけるだけで希望額を引き出すことができるので、大切な支払い期限が差し迫っている時などでも余裕を持って対処することができるでしょう。

 

このカードローンを利用するにはネットや電話、店舗窓口、郵送、契約ルーム内の自動契約機などを用いて然るべき申請を行わねばなりません。この時、申請者の氏名、住所、生年月日、職業、勤務先、年収、希望借入額、他社からの借入額などを記入する必要がありますが、もしもここで嘘の申告を行ったとしてもすぐにバレてしまいますし、そのような不正行為を行うと当然ながら審査落ちは避けられません。

 

それではどうやってこのような嘘は暴かれるのでしょうか。その秘密は審査システムにあります。まずは信用情報機関への照会を通じて過去の借入履歴や返済履歴に問題がなかったかをチェックした上で、現時点での他社からの借入総額についてもすぐに判明します。さらに在籍確認によってその勤務先に本当に勤務実態があるのかどうかもすぐにわかります。収入に関する記載に関しても、少額融資であれば年収証明書の提示が必要ない場合もありますが、しかし確実に借りるためにはもしも年収証明書の提示を求められた時にすぐに対応できるように備えておくことも大切なこと。ネットの記事などをチェックしてみると、こう言ったところでほころびが生じて嘘がバレてしまうケースも多いようです。