カードローンの限度額引き上げ

カードローン限度額引き上げのメリットと申込み方法

■限度額引き上げ申請とは
利用中のカードローンの限度額よりも、もう少し追加で借り入れをしたいときは、新しく2社目のカードローンに申込むこともできますが、利用中のサービスの限度額引き上げの申請をする方法もあります。
限度額引き上げとは、契約時に審査で決まった限度額の見直しをして、借り入れできる上限を増やす手続きです。
あまり多数の会社から借り入れをすると、信用情報としてもよい評価とならないと考えられますので、できれば1社から必要な金額の借り入れをした方がメリットが多いです。
銀行ローンや消費者金融などの借り入れ状況は信用情報に記録されますので、その他の金融商品の審査にも影響する可能性があるためです。
また、限度額が引き上げられると、金利が安くなりお得になることもあります。

 

■限度額引き上げには審査が必要
カードローン限度額引き上げを申請するときは、審査が必要になります。
電話などで申込みをすると、サービスの利用状況や最新の信用情報などがチェックされ、限度額引き上げとなるか、現状維持となるかが決められます。
限度額引き上げの審査には、本人確認などの書類は不要で、即日で結果が出る場合が多いです。

 

■利用実績を増やそう
増額の申込みは、初回の契約からあまり期間が経っていないうちはできるだけ避けましょう。
そのサービスである程度の利用実績ができてからがスタートラインですので、半年程度は返済実績を積みましょう。
万一引き上げの審査が通らず現状どおりとなっても、増額審査の情報は、信用情報機関には記録にはされませんので安心しましょう。
しばらく利用実績を積んでから、再度限度額引き上げの審査を申込むことができます。